工業用計測

工業用計測

中電圧電源のハイポット絶縁耐力試験

絶縁抵抗(メガーによる)測定

接地・避雷針の抵抗測定

メキシコ公式規格NOM-025-STPS-2008に基づく照明レベルの測定

すべての電気設備における接地の安全システムあるいはアースが正しく機能することを保証するために、接地と避雷針の抵抗を頻繁に測定することが必要となります。

システムの不備、導体の断線、コネクタの硫化、抵抗率の適正、適正数値化するためにシステム変更が必要かどうかを点検し、接地と避雷針の抵抗を少なくとも1年に1回、測定することが望ましいと言えます。

電源に接続されている機器が適切に接地されていない場合、設備あるいは人の健康に危害を及ぼす可能性があります。ときには、接地されていても、抵抗や避雷針の抵抗を測定すると、システムが機能しておらず、放電を回避するために必要な導電性が備わっていないこともあります。

TOP